妄想 " High " 劇場 〜レイプ男編〜

俺と兄貴は、二人で強姦を愉しむパートナーだ。
ルックスのいい俺が女の子をナンパして、ラブホテルに連れ込み、女の子がシャワーを浴びている間に、兄貴を引き込む。

 

兄貴は俺とは正反対のタイプで、いかつい顔と体格のせいか、よく格闘家やヤクザに間違われる。
ナンパしようとしても、まず拒否られるし、彼女がいたこともない。

 

最初は、童貞の兄貴に初体験させようと思ってはじめたナンパだった。
でも、兄貴の姿をみると、女の子はどこかに売り飛ばされると勘違いするらしくて、必死で逃げようとする。

 

結局、泣きながら抵抗する女の子を強姦するハメになってしまった。

 

兄貴の方は、泣いている女の子をムリヤリ強姦するなんて、イヤだと思っているらしいが、セックスの気持ちよさを覚えてしまったせいで、強い性欲を抑えきれないようだ。

 

俺の方も強姦がやみつきになってしまった。
最初は泣きながら抵抗している女の子がだんだん快感に流されて、よがっていく姿がたまらなく興奮する。

 

感じてる演技とかイくフリが一切ない、ガチでの姿態は俺の男としてのプライドを満足させた。

 

今日の獲物は、ロリコン気味の兄貴の趣味に合わせて、童顔でおっとりした女の子にした。

 

顔に似合わず、なかなかの巨乳だし、おっぱいフェチの俺も愉しめそうだ。
足元がよたつくまで酒を飲ませて、ラブホテルに連れ込むと、シャワーを浴びさせるまでもなく、女の子は寝入ってしまった。

 

携帯で兄貴に連絡し、こっそりと部屋に入れる。
すでに興奮で勃起している兄貴に、無抵抗で横たわっている女の子をまかせて、俺はのんびりと服を脱いだ。

 

兄貴ははあはあと荒い息を吐きながら、女の子に覆いかぶさり、もどかしげに服を脱がそうとしている。

 

放っておくと服を破きそうだったので、俺も手伝うことにした。
女の子の体を起こして、服を脱がせていると、ブラジャーをはずして、巨乳を露わにしたところで、目が覚めてしまった。

 

「えっ!?あなた誰ですか?」

 

スカートを脱がそうとしている兄貴をみて、女の子は怯えた声を出す。
俺は後ろから抱っこするようにして、女の子の体を拘束し、耳元でなるべくやさしくささやいた。

 

「アイちゃん、俺の兄貴と一緒に3Pしよう。」

 

「いやっ!いやです!やめて・・・。」

 

手からあふれるくらいの巨乳をがっちりとわしづかみにして、指の間に乳首をはさみ、指を軽く動かして、乳首を刺激しつつ、首筋に何度もキスする。

 

「痛いことはしないからさ、あきらめて一緒に愉しもうよ。」

 

「やだぁ・・・お願い・・・許して・・・。」

 

俺が女の子をなだめている間に、兄貴はスカートを剥ぎ取り、ストッキングを引き裂いて、パンティを脱がせた。

 

力ずくで足を開かせて、おまんこをぴちゃぴちゃと念入りにクンニしはじめた兄貴は、すごく嬉しそうにみえる。

 

頬を伝う涙を舌で舐めて、強引にディープキスしながら、乳首をくりくりと指先でこねていると、女の子の口から甘い吐息が漏れてきた。
このコ、敏感だなあ・・・。

 

とろんとした目をしている女の子は、明らかに快感に流されていて、逆らう気力もなさそうだ。

 

口に指を突っ込んで、フェラチオみたいにしゃぶらせながら、俺は背中を舐めて、所々にキスマークをつけた。

 

「ふっ・・・ぅんっ・・・はっ・・・。」

 

兄貴がクンニから手マンに移行したので、しゃぶらせていたよだれまみれの指で、クリトリスをいじってやった。

 

おまんこの中とクリトリスを同時にさわられて、女の子は体を反らせてイきそうになっている。

 

「ね、3Pって気持ちいいでしょ。そろそろ、おまんこにちんぽ入れてほしいんじゃないの?」

 

「やっ・・・ほしくないっ・・・ダメっ・・・。」

 

こんなに感じまくってるくせに、まだ理性が残っているらしい。
俺が合図すると、兄貴は手マンをやめて、服を脱ぎだした。

 

左手でおっぱいをもみながら、右手の中指をゆっくりとおまんこに挿入すると、とろとろになったおまんこがひくひくと俺の指をしめつけてきて、いい感じだった。

 

「兄貴のちんぽ、おまんこに入りたくて、びんびんに勃ってるよ。」

 

女の子の耳元でささやくと、目の前に突き出されたちんぽに反応して、おまんこがきゅっと俺の指をしめつけた。

 

「硬くておいしいちんぽ、ちょっと味見してみる?」

 

兄貴は女の子の唇に、先走りでぬるついた勃起ちんぽを押し付けた。
てっきり嫌がるだろうと思っていたのに、女の子はあっさりと兄貴のちんぽを咥えた。

 

こんなに素直にフェラチオするなんて、案外遊んでるのか?と思いながら、おまんこに入れている指を二本に増やして、ぐちゅぐちゅとかき回す。

 

女の子が両手を使って、積極的にフェラチオしたもんだから、フェラチオに慣れてない兄貴は、予告する余裕もなく口内発射で射精してしまった。

 

飲みきれなかった精液が女の子の口の端から、たらりとたれて、おっぱいに滴る。

 

「フェラチオ上手だね。俺にもフェラチオしてくれる?それとも、こっちのお口にちんぽ入れちゃおうか?」

 

おまんこに咥えこませた指を上下に動かして、くちっくちっと音とたてると、

 

「入れてぇ・・・あなたのおちんぽ、おまんこに入れてほしいの・・・。」

 

なんともエロい声でねだってくる。
後ろから一気に奥までちんぽを突き刺し、乱暴に腰を振っているうちに、兄貴がまた勃起したので、おまんこからちんぽを抜いて、代わってやった。

 

自分の手でちんぽをしごいて、巨乳にぶっかけてやると、女の子が精液を広げるように両手でおっぱいをもんだ。

 

「あんっ・・・ああっ・・・気持ちいいっ・・・いいのっ!」

 

こんだけよがってたら、もう和姦だろ。
俺は気持ちよさそうにセックスしている二人をみて、にやりと笑った。

 

■ 本日の大切なお知らせ

クーポンコードは『1PON2016』です^^
しっかりメモしておいて、入会案内ページで入力してくださいね◎

『一本道』の詳しすぎるレビューはコチラ

↑一本道を「誠実に」評価・比較しています。↑

 

クーポン配布期間: 12月8日~12月15日まで
内容: 全コース割引(新規・継続・アップグレード・モバイルが対象)
※新規・既存会員対象 ※ストリーミングプラン・銀行振込は対象外