妄想 " High " 劇場 〜中出し女編〜

デリヘル嬢なんてやっていると、ほとんど毎回、中出ししようとする客との攻防戦になる。

 

コンドームをつけたくないっていわれた時点で、またかよとうんざりするけど、サービス業なので、嫌な顔もできない。

 

「ナマで中出ししないとイけない。」

 

とかいってくる男に限って、たいしたことないし。
プロなんだから、フェラチオだって、手コキだって、かなり自信がある。

 

ちゃんとルールを守って、コンドームをつけてくれれば、こっちだってできるだけ気持ちよくしてあげるのに。

 

技術のないデリヘル嬢に限って、安易にナマでおまんこに入れさせて、中出しさせるから、客によっては中出しできるもんだと思ってることもある。

 

「アイちゃんは中出しさせてくれたよ!」

 

なんていわれると、なら最初からアイちゃんを指名しろよ!とムカついてくる。

 

リスクも考えずに中出しさせるデリヘル嬢を指名して、勝手に性病でもなんでもうつしあってろ!と思いながら、途中までサービスしちゃってるから、なんとかコンドームをつけさせて、イかせるまでガマンする。

 

デリヘル嬢として、それなりのプライドを持って、断固として中出しを拒否していた私だったんだけど、ある日、どうしても中出しさせたいと思う客に出会ってしまった。
呼び出されたのはすごい豪邸で、相手はよぼよぼのおじいちゃん。

 

勃起したら10万、射精させたら20万、中出しさせてくれたら30万、もし、子供を妊娠して、DNA鑑定で間違いなく自分の子供だとわかったら、1千万出して引き取るといわれて、私は必死になってしまった。

 

だって、1千万あったら、デリヘル嬢なんてやめられるもの。
まずは、着ていた服を全部脱いで、若い肢体を惜しげもなくみせつけた。

 

おじいちゃんのしなびたようなちんぽは、私の裸をみても、ピクリとも動かない。
ゆっくりと抱きついて、おじいちゃんの手をとり、Eカップのおっぱいをさわらせた。

 

「やわらかくて、すべすべじゃのう。」

 

しわしわの手でおっぱいをさわられるのはヘンな感触で、すっごく違和感がある。
私のおっぱいをもんで、その気になってきたらしいおじいちゃんは、乳首をぺろぺろと舐めはじめた。

 

しがみつくようにされるのがしんどくて、私は感じているフリで、

 

「お布団に・・・行かせてください。」
とねだってみた。

 

ふかふかの布団の上に押し倒されて、干からびた手で体中をまさぐられる。

 

「いやらしい体つきの娘さんだな。こんなにおっぱいがでかくては、男が寄ってきて大変だろう。」

 

乳首をきゅっとつままれて、私はびくんと体を震わせた。

 

「おまんこも濡れやすくて、すぐにでもちんぽを咥えこめそうだ。」

 

骨ばった指がおまんこのワレメを上下になぞって、濡れ具合を確認した。
もしかして、勃起してくれたのかと期待したけど、ちんぽは全然反応してない。

 

「フェラチオさせて・・・。お口がさみしいの・・・。」

 

私はおじいさんのちんぽを口に含んで、舌で転がした。
普通の男なら、たとえ勃起してなくても、これだけで大きくなるのに、いくら舐めてもしごいても、勃起しなかった。

 

「わしにも娘さんのおまんこを舐めさせてくれ。」

 

私が上になる体勢でシックスナインすると、意外にもおじいさんはクンニが上手くて、思わず演技ではないあえぎ声をあげてしまった。

 

じらすように舌がおまんこをなぞるのも、ソフトなタッチでクリトリスを舐められるのも、すごく気持ちいい。

 

ちんぽを咥えたまま、くぐもったあえぎ声をあげていたら、ついに口の中のちんぽがむくむくと勃起してきた。

 

嬉しくて夢中になって舌で舐めまわしていたら、しっかりと硬く完勃ちしてくれたので、早くおまんこに咥えこみたくて、うずうずした。

 

「もうおまんこに入れましょう。どんな体位がいいですか?」

 

「よつんばいになって、顔を枕につけて、尻だけ突き出してくれ。」

 

まるでおねだりするようないやらしい格好だったけど、私は素直によつんばいになって足を開き、おしりを突き出した。

 

おしりをがっちりとつかまれて、後ろからゆっくりとちんぽを挿入される。
じれったいほどのんびり入ってきたちんぽは、なかなかの大きさで、私のおまんこがいっぱいになった。

 

「はあっ・・・若いおまんこはキツくて気持ちがいい・・・。おまんこの中がわしのちんぽに絡み付いてきて、とろけそうだ・・・。」

 

満足そうにため息をついているおじいさんが動こうとしないので、私は自分から腰を振った。
もたもたしていて、途中でちんぽが萎えてしまっては大変だし。

 

「自分からそんなに腰を振って、いやらしい娘さんだ。少し懲らしめてやらないとな。」

 

おじいさんは独り言みたいにつぶやくと、いきなり私のおしりを平手でぶった。

 

「やっ、やめてください!痛い・・・。」

 

おしりをぶたれるたびに、じーんとした痛みと熱いしびれみたいな快感を感じる。
ぱんぱんと真っ赤になるまで私のおしりをぶつと、おじいさんは満足そうに腰を振りはじめた。

 

「尻をぶたれるたびに、おまんこがひくひくして、ますます濡れてきたぞ。娘さんはよっぽど淫乱なんじゃのう・・・。」

 

屈辱的なことをいわれているのに、お金ほしさと気持ちよさで、私は中出しをねだった。

 

「淫乱な私のおまんこの奥に・・・いっぱい精液を中出ししてください!」

 

「よしよし・・・今、中出ししてやるからな。」

 

ぶちゅうっと生温かい精液がおまんこの奥に射精されて、小さくなったちんぽがずるりと抜けていった。

 

体はまだまだ不完全燃焼だったけど、中出しさせた満足感で思わず笑みがこぼれる。
帰りがけに、「わしの愛人にならんか?」といわれて、かなり悩んでしまった。

 

■ 本日の大切なお知らせ

クーポンコードは『1PON2016』です^^
しっかりメモしておいて、入会案内ページで入力してくださいね◎

『一本道』の詳しすぎるレビューはコチラ

↑一本道を「誠実に」評価・比較しています。↑

 

クーポン配布期間: 12月8日~12月15日まで
内容: 全コース割引(新規・継続・アップグレード・モバイルが対象)
※新規・既存会員対象 ※ストリーミングプラン・銀行振込は対象外